飽和状態の商品の中でヒット商品を生むには

世の市場には星のごとく様々な商品が出回ってますが、ヒット商品はどのようにして人々の注目を浴びるブランディングに成功したのでしょうか。

まず第一に人気と影響力のある芸能人をイメージキャラに使用して、商品をブランド化させるイメージ戦略があります。

コマーシャルや雑誌などのマスメディアで消費者に強く何度もアピールしていき、購入意欲を誘発させる方法です。

そして、特にスタイリッシュなコマーシャルや有名芸能人も使用せずにたまに大きなヒットを打ち出す商品があります。

それはネーミングのセンス、1回聞いたら頭から離れないようなネーミング、ダジャレのようなネーミングの商品を目にすることで、商品の洪水のような飽和状態の中でも強い印象を残します。

ずらっと並べられた商品の中でお洒落な商品名が多い中で、「これは何だろう?」と手に取ってもらえるチャンスを生み、それが購入につながるきっかけにもなります。

有名でもない商品が並ぶ中で興味を持たせるにはやはりインパクトが必要だと思います。